書籍・雑誌

獏の耳たぶ

久し振りに本を読みました。
最近ではあり得ない、新生児の取り違え。ではなく取り替え。
 
繭子は、普通分娩で子供を産めなかったことや諸々の劣等感から、 同じ日に生まれた郁絵の子供と自分の子供を出産した日の夜に取り替えてしまいます。
全てがうまくいっている郁絵を羨ましく思う繭子。
取り替えられたことを知らずに育て続けた郁絵と、罪の意識を持ちながら育児を続ける繭子。
4年が経ち、あることがきっかけで郁絵はその事実を知ることとなるのですが、
うまくいかない育児に悩みながらも子供に愛情を深めていく両者。
 
娘が赤ちゃんだったころのことを思い出すような事細かな描写に、
自分の感情を重ね合わせてしまいました。
 
取り違えの発覚が生まれてすぐなら、もちろん自分が産んだ子を返してほしいと思うでしょうが、娘が8歳になった今なら、自分が産んだ本当の我が子を返してほしいとは思わない気がします。
実際は分かりませんが。。。
この物語の結末は意外なものでした。
まぁ、その展開なら私もそうすると思うsign03
という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

久し振りに本の紹介です。
少しずつ本を読む時間ができるようになりました。
といっても、まとまった時間が取れるわけではなく、洗濯機が回っている間とか、娘が登校するまでの僅かな時間とかです。
 
ノンフィクションが好きで、『実際にあった話』で検索して興味を持ったのがこの本です。
死刑判決を受けた元暴力団員である後藤良次が「先生」と呼ばれる人間との共犯罪を告発する。
もし、この告発がなければ完全犯罪となっていたのか?
真実は小説よりも奇なり、あっという間に読み進めてしまいました。
しかし、これが実話だとすると本当に恐ろしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失礼な敬語

娘が生まれる前までは、ひと月に一冊以上は本を読んでいましたが、

今では3か月に一冊でも読めればいい方です。

久し振りに読みたいと思った本です。

正直、この歳になっても正しい敬語が使えているか不安になるときがあります。

「ら抜き」言葉というのはよく知られていますが、「れ足す」言葉というのも確かにあるある!

なんて思いながら読み進めると、あっという間に読めてしまいました。

なぜその使い方が間違っているかを分かりやすく説明してあるのでとても勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りに本の紹介


タイトルに惹かれて買った本です。
このタイトル、男性に反感を買うかと思いきや、女性(妻)から批判が多かったとか。

ある塾の講師の方が書いた本で、実はこの本、子供の教育・しつけ本なんです。
具体的な教育法というより、夫婦が変われば子供は伸びる!といった内容です。

夫婦(男女)の違いをお互い理解することで家庭内が円滑に進む。
どこの家庭でも同じようなものだと思いますが、男はいつまで経っても子供であるというところで、面白いくだりに思わず笑ってしまいました。

お母さんが「ウチの夫って子どもなんですよ」ってグチを言うのは、カンガルーを飼っている人が「ウチのカンガルーって跳ぶんですよ」と嘆くのと同じことじゃないかな?

この表現といい、的を射ているという意味で思わず笑ってしまいました。

相手(異性)を理解することは無理でも、まず異性の思考回路は違うということを念頭において接すれば、夫婦の関係に関わらず、男性社員と女性社員のいる普通の会社でも円滑に事を進めるのには参考になると思いました。

余談ですが、この本の中に男性と女性の違いを表のようにまとめてあったのですが、どちらかというと私が男、主人が女のような気がしてなりませんでした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へ~

母にプレゼントしてもらった本です。
もちろん娘に読み聞かせるためです。
この本には366のお話が載っていて、
1話約3分で読めます。
お話にはそれぞれ日付が振ってあって、
今日の日付のところを読んでもいいし、
最初から順番に読んでもいいし、
好きなお話から読んでもいいようになっています。
夜、寝る前に一話ずつ読んでいこうと思います。

いろんなジャンルのお話が載っているので、
ふじっきちゃんがもう少し大きくなって、
興味を持ったお話は絵本を買って読めばいいかなと思います。
どちらかといえば、あらすじが若干詳しく書いてある程度です。
3歳の娘には少~し難しい内容なので、長く使える本です。

その中で、セミのお話があったのですが、
セミはオスしか鳴かないことを初めて知りました。
子供も大人も楽しめる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒らない技術


昨日の朝、新聞を取り込んでいて、ふと目に付いた新聞広告、『怒らない技術2』
“怒らないこと”は、私にとって一番の課題です。
義姉は、怒る労力を使うのが面倒だといって、怒らずに子育てをしていました。
甥っ子は素直でいい子に育ちました。
私は怒ってばかり、もちろん“怒る”と“叱る”は違うので気を付けていますが、ついつい怒鳴ってしまいます。。。

こちらをポチしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本の紹介


本の紹介というほどのものではありませんが。。。
子供の絵本の定番、『ぐりとぐら』です。
実は私は初めて読みました。
沢山の動物が出てきて、ふじっきちゃんも楽しそうに聞いていました。

最近よく蒸しパンを作るのですが、ふわふわの蒸しパンというより、
ずっしりしたカステラのよう。
ぐりとぐらの大好きな黄色いカステラ。
我が家のはマーラーカオですけどcoldsweats01

Cpicon 中華風蒸しパン(マーラーカオ) by jl4tsh

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の紹介


先日、出勤途中の車の中でラジオを聴いていて、
ゲストに松尾貴史さんが出ていました。
松尾貴史さんの新しい本が出たということで早速ポチしました。
賢くて話が面白い男性はかっこいいですよね。


『日本中枢の崩壊』以来、久し振りに本を買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日買った本

本の安売りをしていたので、ふじっきちゃんに絵本を買いました。


絵本なのですが、世界のお料理と作り方が載っています。
ふじっきちゃんにはまだまだ早いほんですが、
子供の頃、私もこのような本を買ってもらって
本を見ながら作ったのを思い出しました。

早くふじっきちゃんと一緒にお料理ができるようになりたいな~。


付録にマグネットのぞうこさん(冷蔵庫)とまる、さんかく、しかくが付いていました。

どれも半額近くになっていたので、ついつい衝動買いしてしまいました。

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっじこ家のお正月

本日仕事初めです。

タイトルの“お正月”といっても昨日のことです。
1月3日に主人が家にいるのは初めてでした。

本屋へ行き、ふじっきちゃんに絵本を買いました。


しかけ絵本なのですが、ページがビヨ~ンと伸びて動物が出てきます。
ふじっきちゃん、ものすごく気に入ってくれました。
10回以上読まされましたcoldsweats01

そして2冊目は、“ミッケ!”
私が欲しかったのと画がきれいなので家族で見るために買いました。
ふじっきちゃんそっちのけで主人と本気でミッケsign01しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)