« 誕生日は、8月でしたが。。。 | トップページ | 歯科検診行ってきました。 »

獏の耳たぶ

久し振りに本を読みました。
最近ではあり得ない、新生児の取り違え。ではなく取り替え。
 
繭子は、普通分娩で子供を産めなかったことや諸々の劣等感から、 同じ日に生まれた郁絵の子供と自分の子供を出産した日の夜に取り替えてしまいます。
全てがうまくいっている郁絵を羨ましく思う繭子。
取り替えられたことを知らずに育て続けた郁絵と、罪の意識を持ちながら育児を続ける繭子。
4年が経ち、あることがきっかけで郁絵はその事実を知ることとなるのですが、
うまくいかない育児に悩みながらも子供に愛情を深めていく両者。
 
娘が赤ちゃんだったころのことを思い出すような事細かな描写に、
自分の感情を重ね合わせてしまいました。
 
取り違えの発覚が生まれてすぐなら、もちろん自分が産んだ子を返してほしいと思うでしょうが、娘が8歳になった今なら、自分が産んだ本当の我が子を返してほしいとは思わない気がします。
実際は分かりませんが。。。
この物語の結末は意外なものでした。
まぁ、その展開なら私もそうすると思うsign03
という感じでした。

|

« 誕生日は、8月でしたが。。。 | トップページ | 歯科検診行ってきました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50028/66046465

この記事へのトラックバック一覧です: 獏の耳たぶ:

« 誕生日は、8月でしたが。。。 | トップページ | 歯科検診行ってきました。 »